« 徒然と週末 | トップページ | カジキマグロラーメン »

2006年6月21日 (水)

ハッピーバースデイ!??

どうもこんにちは。
 
蒸し暑かったり天気悪かったりで、
 
大変な関東地方です。
 
 
 
髪の毛が湿気で大変なことになっている ひま です
 
 
ξ'Д')ξ<制御しきれないっス
 
 
 
 
いやほんと天然パーマ大変ですよ、
 
短く切りに行こうかなと。
 
 
 
 
さてさてタイトルのお話し。
 
 
 
いつものように仕事も終わり、
 
お家へ帰ります。
 
 
 
ひま「ただいま~」
 
 
「おかえり~」
「おかえり~」
「おかえり~」
「おかえり~」
 
 
 
なんかいっぱいいる∑('Д';)
 
 
 
どうやら叔父と伯母と姉貴が家に来ているようだ。
 
 
   
 
叔父「ほれ、ひまちゃんにビールをついでやりなさいお姉ちゃん」( ゚Д゚)
 
ヒマ姉「ビールでいいの?」ξ'Д')ξ
 
 
 
ひま「何でもいいっす」('Д';)
 
 
姉に酒を注がせるのは恐縮ものだ。
 
 
 
ふむ、
 
なんか随分と飲んでらっしゃるようだ。
 
 
 
 
ヒマ姉「今日はなんで集まってるかわかる?」ξ'Д')ξ
 
 
ええと、たしか・・
 
 
ひま「なんか誕生日とかなんとかでしょ」('Д' )
 
 
 
ヒマ姉「そうそう誰のか知ってる?」ξ'Д')ξ

 
 
ひま「姉さんと叔父さんのでしょ」('Д';) 
 
 
 
ヒマ姉「そうそう、よく知ってるじゃない」ξ'Д')ξ
 
ひま「・・・フヒィ」('Д';)
 
 
 
 
実は今朝、
 
母親に早く帰ってくるように言われたのだ。
 
 
ヒマ母「今日はお姉ちゃんが来るから夕飯は家で食べなさいね」J('A`L
 
ひま「ぁぃ」( 'Д')
 
 

姉の機嫌は崩れやすく少し機嫌を損ねるとちょっとうるさい。
 
母親も気を使っているようだ。
 
 
 
叔父「ひまちゃん、今日は叔父さんの30歳の誕生日だからな」(゚Д゚)
 
 
ひま「若っ、姉さんと同じ年じゃないですか」('Д';)
 
 
ヒマ姉「・・・・・・・・・」ξ゚Д゚)ξ
 
 
 
姉から何か殺気のような物を感じた。
 
 
 
 
ひま「ヒィ」('Д';)
 
 
 
 
まぁ、叔父が30というのは大嘘で、
 
本当は70歳の誕生日のようだ。
 
 
叔父「まぁあんまりめでたくないんだけどな」(゚Д゚ )
 
 
 
 
伯母「そんなことないわよ、70まで生きてるんだからめでたいでしょ」J(゚Д゚L
   
叔父「そうかな・・」(゚Д゚*)
 
 
 
伯母「あんたんとこの家系の男は早死にするんだから珍しいわよ」 J(゚Д゚L
 
 
 
ひま&叔父「・・・・・!!」( ;'Д')( ;゚Д゚)
 
 
 
 
伯母の絶滅危惧種ような扱いを受けながらも、食事は進む。

 
 
ヒマ母「今日はね、お母さんと、お姉ちゃんと、伯母さんで一品ずつ作ったのよ」J('A`L
 
 
 
ひま「なんか豪華だね」( 'Д')
 
ヒマ母「いつも二人分しか作らないからねぇ」J('A`L
 
 
テーブルには沢山の料理が並んでいる、
 
サラダ、お刺身、
 
あとは各自一品作ったらしい、
 
 
 
鶏肉とコンニャクと揚げの煮物  フキとレンコンのピリ辛の煮物   ニラの卵とじ炒め。
 
 
 
 

ヒマ姉「・・・・・・・・・」ξ゚Д゚)ξ
 
 
 
∑('Д';)ビクッ 
 
 
 
 
ひま「コノニラ炒メオイシイネ・・・」('Д';)
 
 
 
ひま姉「それお姉ちゃんが作ったのよ」ξ*'Д')ξ
 

 
ひま「ホントニ?ジョウズダネ・・」('Д';)
 
 
 
 
ヒマセンサーの感度も良好だ。
 
 
 
 
―さらに楽しい食事は続く。
 
   
 
70の叔父は毎週、週末には旅行に行っているらしく、
 
デジカメで写真を沢山見せてくれた。
 
 
 
 
叔父「旅行に行くのが叔父さんの幸せだよ」( ゚Д゚) 
 
ひま母「毎週行くなんて叔父さんは若いわねぇ」J('A`L
 
 
 
70の叔父は、
 
60で会社を退職した後、
 
さらに仕事に着き現在に至る。
 
 
まだまだ現役のパワフルガイだ。
 
 
 
叔父「まぁどこいってもあんまり覚えてないけどな」( ゚Д゚)
 
 
 
そしてどこかファンキーだ。
 
 
 
 
伯母「先月ははどこどこへ、今月はどこどこへ行ったじゃない」J(゚Д゚L
 
   
叔父「そういわれると思い出すな!」( ゚Д゚)
 
   
 
ヒマ母「そろそろケーキにしましょうか」J('A`L
 
 
 
 
母と姉が2つもケーキを買ってきたようだ!
 
 
ろうそくに火をつけ、
 
電気を消す。
 
 
   
なんだか無駄に凝っている。
 
 
060620_20350001   

 
 
   
 
 
 

 

 

 

おいしそー'+,('Д')'+、
 
 
 
叔父「お姉ちゃんのとあわせて、
        ろうそく100本立てるつもりだったんだけど伯母さんに怒られてな」(゚Д゚ )
 
 
伯母「ばかいってんじゃないわよ30歳って言ったんだから3本でいいわねっ」J(゚Д゚L
   
 
 
叔父「むむう・・」(゚Д゚ )
 
 
 
 
なんとなく叔父と伯母の会話はコントのようだ。('m')プススー

 
 
さて、ロウソクを二人で吹き消してくださいと。
 
   
 
ひま姉「それじゃあ消すね」ξ'Д')ξ
 
 
叔父「ちょっとまってまって」(゚Д゚ )
 
 
 
叔父「せっかくだから写真を撮らないと」(゚Д゚ )
 
 
 
ということで私も↑の写真を撮らせてもらいました。ウヒヒ('Д')
 
 
 
 
デジカメをいじる叔父。
 
叔父「こーすればズームアップだってできるんだぞ」( ゚Д゚)っ□
 
 
叔父「暗いときの撮影もこのボタンを使うと綺麗に撮れ・・・・」( ゚Д゚)っ□
 
 
 
伯母「はやくしなさいよっ」J(゚Д゚L
 
 
 
叔父「もう伯母さんはせっかちだなぁ・・・」( ゚Д゚)っ□∑ カシャリ
 
 
 
伯母「もう叔父さんはマイペースなんだから、さてロウソクを消しましょうね」J(゚Д゚L
 
 
 
叔父「まてまて・・・・ちゃんと綺麗に撮れたかをだな・・」( ゚Д゚)っ□
 
 
伯母「叔父さんっ!」J(゚Д゚L
 
 
叔父「ほれひまちゃん、綺麗に撮れてるだろう」(*゚Д゚)っ□
 
 
 
ひま「ほんとだ、綺麗だネェ」(;'Д')
 
 
 
ひま姉「こんなに長い時間ロウソクに火がついてるのは初めて」ξ'Д')ξ
 
 
 
 
ようやく火を吹き消しケーキを切ります。
 
 
いただきます!
   

'+.('Д')'+, うまーい
 
 
 
一つだけ頂き、
 
もうひとつは今日の晩御飯に食べる予定ですふっふっふ(*'Д')
   
 
 
 
 
さてさて、
 
宴も酣、無事姉貴の機嫌を損ねることなく会食も終了し、本日は解散となったのでした。
 
 
 
 
叔父「さて明日も仕事だ、家に帰ったら一杯飲まないとな」( ゚Д゚)
 
 
ひま「また飲むの!?」('Д';)
 
 
叔父「お酒を飲むのが叔父さんの幸せだよ」( ゚Д゚)
 
 
伯母「もう!」J(゚Д゚L
 
 
 
 
 
   
 
70になっても現役で働き続ける、ユニークな叔父は
 
なんだかちょっとかっこいいなとか思いました。
 
 
 
叔父さんお誕生日おめでとう。
 
 
 
 
ついでに姉貴もっ!

|

« 徒然と週末 | トップページ | カジキマグロラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徒然と週末 | トップページ | カジキマグロラーメン »