« その間 5分。 | トップページ | うちな~ »

2006年3月14日 (火)

ホワイト Д 大作戦!!

ボンソワージ( 'Д')ノ
 
ひま です。
 
 
本日の日記(?)はちょっと長いです。
 
時間のあるときに、
 
お手元のグラスを傾けながら読んで頂ければ幸いです。
 
 
 
 
 
 
 
それでは ホワイト Д大作戦 いってみよぅ!
 
   
 
 
 
 
 
 
 
~それはある一通のメッセから始まった。
 
 
 
 
いつものようにPCの電源をつけ、
 
特に何をするでもなく、ぼけーっとしていたPM9:00
 
 
 
 
ピロン。
 
 
 
どなたからかMSNでメッセージが。
 
 
 
 
 
K様「ひまさーん」
   
ひま「ほほい」
 
 
友人のK様だ。
 
特に何も考えずに反射的に応える。
 
 
 
   
 
K「俺にクッキーを焼いてくれ」
 
ひ「君からチョコレートを貰った記憶はないよ僕ぁ」
 
 
突然の意味不明の要望にも反射的に応える。
 
 
 
 
 
 
 
K「むー」
 
 
 
K「どうしても手作りのクッキーが必要なんだ」
 
ひ「そっかぁ、大変だね」
 
 
適当にあしらってみる。
 
 

 
 
   
 
K「('Д')」
 
ひ「('Д')」
 
 
 
6バイトでみつめ合う二人。
 
 
 
 
K「('Д')」
 
 
 
 
ひ「・・・わかったよ、作りますか」
 
   
視線に負ける私。 
 
 
 
   
K「!('Д')」 
 
歓喜のK様

 
 
 
 
   
K「どうしたらいい?」
 
K「お菓子作ったことないんだ」
 
 
クオリティの高い御方
 
 
 
 
 
 
 
ひ「袋を破けばクッキーがでてくるよ、俺様頭いい」
 
K「さすがだ」
 
寒いジョークも交えつつ。
 
   
 
 
 
 
 
ひ「しかしあれだ」
 
K「ん?」
 
 
ひ「土日に買っておけよ」
 
K「ちょ」
 
 
 
 
 
 
 
 
*以後プライベートな流れは省略*
   
 
 
 
 
 
 
で、
 
 
K「焼くのにオーブンとか使うのかなぁ~<('Д';)>~」
 
ひ「そうですねぃ」
 
 
ひ「たしかレンジで簡単に作るやり方もあった気がする」
 
 
 
 
 
   
k「mjd?」
 
ひ「mjd」
 
 
k「それでいこう」
 
ひ「あいよう」
 
 
 
 
 
とりあえず方向性が確定。
 
てきとーにググって
 
レシピをメッセに張っていく
 
 
 
 
k様がチョイスしたのは
 
某番組 I家の食卓の
 
ホットケーキミックスを使ったクッキー。
 
 
 
 
ひ「これなら簡単そうだ」
 
k「材料買ってこれからいくお」
 
 
 
 
ひ「包装用の袋とかも忘れないようにね」
 
k「すっかり忘れてt」
 
 
ひ「('Д')」
 
k「('Д')」
 
 
 
とりあえずこれから私の家に来るらしい。
 
 
部屋を片付けていると、
 
ケータイにメール。
 
 
 
 
K「砂糖とか買ったほうがいいかなぁ~<('Д';)>~」
 
ひ「丁度砂糖切らしてたから、買ってきてもらっていいかな」
 
K「了解!」
 
 
 
大丈夫なのかしら。若干の不安を抱えながら待機
 
 
 
 
しばらくして。
 
 
 
   
 
 
㌧㌧。
 
 
 
   
 
相変わらずインターホンを押さずに直接私の部屋の窓を叩くK様。
 
 
 
 
ひ「いよぅ」 ( 'Д')ノ
 
k「いよぅ」  ヾ('Д' )
 
 
 
 
 
 

 
 
荷物を部屋に置き、
 
キッチンへ。
 
 
 
ひま母「こんばんは」
 
k「こんばんは」
   
 
 
 
 
隣の居間では
 
母親がス@ップの番組を見ていた。      スコップ・・・・('m'*)
 
 
 
 
母「何か作るの?」
 
ひ「クッキー焼くんだってさ」
 
 
   
k「色々とありまして、台所お借りします」
 
 
 
 
母「母さん、荒川静香がどっち選ぶか見たら寝るね」
 
ひ「あいあい」
 
 
 

なんかスコップの番組の料理作るのアレを見ているようだ。
 
 
 
 
 
 
で、
 
ノートPcを居間のテーブルに持ってきて、
 
レシピを開きながら
 
 
 
   
Let's cooking!!! ヾ('Д')メ('Д')ノ
 
 
無線とノートはこういうときに便利である。
 
 
 
 
 
 
適当なボウルを持ってきて、
 
バターをレンジで溶かし
 
 
砂糖、ミルク、ホットケーキミックスをくわえ、
 
かき混ぜる。
 
 
 
 
Mazeran は 混ぜた!! ( 'Д')
 
 
 
 
で、
 
ひ「卵いれるのわすりた。卵とってぇ」
 
K「あいあい」
 
 
 
 
 
そのとき第1の悲劇は起こった。
 
 
 
 
k「卵混ぜてからじゃなくても大丈夫だよね」
 
ひ「え?」
 
   
パカッ
   
 
 
粉っぽいのを混ぜているところに
 
直接卵を割り
 
ボウルに投入してくるK様

 
 
べちょ。
 
 
 
    
 
Grenade! take cover!!>(('Д';))    Yes!Sir!!>((/ω\;))
 
 
   
 
ひ「なにやってんのーー」∑('Д';)
 
 
 
 
 
まだ粉の残るボウルの中で、
 
必死にかき混ぜるも 
 
黄身と白身が混じることなく華麗に舞っている。
 
 
 
ひ「ま、混ざらん・・・」
 
 
 
 
 
 
 
K「俺にお菓子を作る才能は無いみたいだ」('A`)
 
 
∑('Д';;)
 
 
 
    
 
あまりにも混ざらないので、
 
泡だて機を使用する。
 
 
 
ヴィィィン
 
 
 
おお これはいいものだ。
 
見る見るうちにバター 砂糖 ミルクホットケーキミックスと卵が 混ざっていく
 
 
 
 
 
ひ&K「素晴らしい」  ('Д')('Д')
 
 
 
 
 
文明の機器に助けられ、
 
ほぼ順調にクッキー作りは進んでいく。
 
 

   
 
 
 
が、
 
第2の悲劇が。
 

ひ「むむ、クッキングシートがないお」
 
K「なんだってぇ」
 
 
 
   
 
お皿に敷いて その上でクッキーを焼く予定だったのだが、
 
肝心のクッキングシートが無い。
 
 
ひ「まいったねぇ」
 
k「買ってくるかのお」
 
 
   
近くのスーパーは1時までやっているので、
 
このまま無かったら買いに行こうかとしていたところ。
 
 
 
 
すると突然。 
 

 
ひま母「じゃーーーん」
 
 
ジャーンって。('Д';)
 
 
 
 
母「うちには何でもあるんだから」
 
 
なんと母の片手にはなんとクッキングシートが!! 
 
 
ひ「Maman!!!」
 
 
 
   
 
 
母「もう寝るんだけど、他に何か出すものある?」
 
ひ「はい、おやすみなさい」
 
 
 
部屋へと戻っていく母。
λ、、、
 
 
 
 
 
 
おや、クッキー生地が出来上がったようだ。
 
 
 
 
 
お皿に生地を広げようとしている K氏。
  060313_22440001.jpg
 
 
 
 
生地をシートの上に広げ、電子レンジへと突っ込む。
 
 
 
 
電源を入れ、
 
レンジの中に灯りがともる。
 
 
回転皿がゆっくりと回りだし
 
2.45GHzの高周波がクッキーを襲う!!
 
 
 
 
チーン。
 
 
 
 
 
上手に焼けました~。
 

 
k「あつっ あつっ!!」
 
 
レンジの扉を開け、何かお皿と格闘しているK氏
 
可愛い奴め。
 
 
k「熱いんだよー」
 
 
可愛いので華麗に放置。
 
k「ムキョー」
 
 
 
 
少し冷まして試食。
 
 
モグモグムシャリ
 
 
 
ひ「やわらかひね、モショモショ」
 
 
K「んだのう・・」 
 
K「ほ、ほらっ このへんはサクサクしてるよっ!」
 
 
 
 
ひ「ほんとだ、このへんはクッキーだね。亜クッキーだ」
 
 
 
   
K「どうやら俺にはお菓子を作る才能が・・・」('A`)
 
 
 
 
∑('Д';)
 
 
 
 
 
ひ「う、うちのレンジ君が古いから、柔らかくなったんだよ!
    
     30秒くらい多めにやったらいいかもしらん!」
 
 
K「そうか」!('Д')
 
 
 
第2派はココアパウダーを入れてのココア味のクッキー生地。
 
 
 
チーン。
 
 
 
 
先程よりも1分くらい多めにマイクロ派を浴びせてやった。
 
 

 

 
 
で、
 
 

 

 

 

 

 
 
  0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひま「ウルトラ上手に焼っけました~~~♪」(*'Д'*)
 
 
 
 
 
K様「何やってんのーーーーー!!!」∑('Д';;)

 
 
あまった材料を拝借してホットケーキを焼く私。
   
 
 
 
K「そっちのほうが美味そうだな・・」
 
ひ「えへへ」
 
 
 
ひ「このホットケーキを袋に包むかい」
 

   
K「どうやら俺にはお菓子を・・・・・」('A`)
 
 
 
∑('Д';)
 
 
 
 
 
 
ひ「ほ、ほら第2戦目はいい感じに焼けたんじゃねっ?」
 
K「むー」
 
 
 
 
今度は冷めないうちに型をとっていくK氏。
 
 
 
  060313_23150001.jpg
ハート型です。 ふぁんしー。
 
 
 
 
で、型の切れ端を二人で食う。
 
   
 
もしょりもしょり('~')('~')
 
 
 
 
やわらけーな おいorz orz
 
 
 
 
 
だが最初よりは若干堅めな気がする。
 
 
I家の裏技に苦戦する私達っていったい。。。
 
 
 
 
 
 

で、
 
相変わらず調理をしていると、
 
先日から東京に戻ってきている姉が帰ってきた。
 
 
 
ひま姉「何やってんの?」
   
ひま「K君のホワイトデープロジェクトなのだ」
 
 
姉「お菓子作りが趣味なの?」
 
K「いや そういうわけじゃ」
 
 
姉「ふ~ん」
 
 
ひま「すぐ片付けるよ」
 
姉「いや大丈夫、ご飯食べてきたから」
 
ひま「あい」
 
 
姉の質問に若干うろたえるK様。
 
 
   
GJ 姉。
 
 
 
 
 
 
そして作業は続く。
 
 
 
K「なかなか上手くいかんねぇ」
 

 

 
ひ「ほ、ほっとけーき   うまいんだな」
 
 
ハフッハフッ
 
   
 
K「何食ってんのーーーーー!!!」∑('Д';;)
 
ひ「そこの ここあぱうだー 取ってよ」
 
 
 
 
 
 
で、
 
 
 
 
K「美味いな、ホットケーキ」('A`)
 
ひ「ゆずはちみつ使う?」('A`*)
 
 
 
K「どうやら俺には・・・・」('A`)
 
 
 
∑('A`;)
 
 
 
とりあえず全てのクッキー生地を使い
 
ホットケーキも食べ終わったころに
 
クッキーは冷める。
 
 
 
K「俺これもらっても嬉しくないよ」
 
ひ「あほな・・・」
 
 
 
 
不慣れな手つきで
 
懸命に包装していくK氏
 
 
 

ひ「愛が詰まってるんだな」
 
 
 
 
 
 
 
そんなこんなでAM1:00
 
 
K「帰るのだりーなぁ」
 
ひ「だるいねぇ」
 
 
 
K「自転車のってこっから2分もかかるんだぞ」
 
 
 
 
ひ「・・・だるくねえなぁそれ」
 
 
 
K「こんなこと言ってる間に家につくよな」
 
ひ「まったくだ」
 
 
 
 
帰る支度をするK様。
 
 
 
 
K「帰ったらもう一度このクッキー焼きなおしてみようかなぁ」
 
ひ「おう 頑張れ 気合だ。」
 
 
 
K「まいったなぁ、明日渡すのがだりーよ」
 
 
   
ひ「オウ! ガンバレ!  キアイダ!」
 

 
 
K「そんじゃまた来るぜー じゃぁねぇ」
 
 
 
 
 
 
ひ「来年は土日に買っとこうな・・・。」
 
 
K「おう!」
 
 
 
ひ&K「またな!」
 
 
 
 
 
帰り際のK氏の背中には、
 

 
「ソンナ金ネーヨ」
 

 
と確かに書いてあったような気がしました。
 
 
 
 
 
 
頑張れK様!
 
本日は上手く渡せたのかしら!?
 
 

 
 
私はそんなK様を応援しています!! ヾ('Д')ノ

|

« その間 5分。 | トップページ | うちな~ »

コメント

帰りの終電で、思わず笑って、まるで不審者だったYO
地域(会社)密着型ブログ「ねぎろぐ」 のネタになるなんて感動(ノω・`)

ほんとありがとうございましたorz

一応無事に渡せたよ、第二夫人の方でMP90%ぐらい持ってかれた気がしたけど━(∵)━ァ…


ちなみに家で焼いてみたら


ウルトラ上手に(*'Д')


焦げましたぁ(;'Α')

投稿: ディック | 2006年3月15日 (水) 00:28

やっぱ手作りかのう。


つーか第二夫人ってまずいよね

投稿: G | 2006年3月15日 (水) 03:13

前学生の頃もホワイトДのクッキー、お前の家で焼いてたよな確か。。。S氏とかと。懐かしいや。

投稿: いも | 2006年3月15日 (水) 05:04

第二夫人とかイイナイイナ

投稿: Des | 2006年3月15日 (水) 10:17

手作りか購入かって選択できる時点ですでにうらやましいな!
y=-(゚∀゚・;"'

柔らかいクッキーもありだな、カントリーマァムみたいじゃない。

ンマァ、おつかれちゃん。

投稿: pierrot | 2006年3月15日 (水) 15:19

>ディックさん
なかなか楽しかったです。
おかげでネタにも困らなく。

あ~やっぱり焦げちゃったんですねぇ。
日ごろの行いですかねぇ~~ ふふ。

>Gさん
手作りも美味しく作れるといいんですけどねぇ。
今回はあまり力になれなくて。

第二夫人はやっぱまずいよネ。誰が見てるかわからんゼ
つーか名前がアレだからいいか。

>いもさん
焼いたネェ。こーこーせーだったね。
あの時はオーブンで焼いたねぇ
けっこー時間掛かった記憶があるわ。

>Desさん
ディック氏による人類総夫人化計画も順調のようです。
Desさんも第3夫人に候補してみては?

もう既に100人くらいいたりしてね。
第101夫人で是非。

わんちゃんみたいだね。


>pierrotさん
失敗したクッキーを
「カントリーマァム作った!」って言えばいいのだな

どう見ても劣化版です、本当にありが(略

投稿: ひま | 2006年3月16日 (木) 17:34

そこでお菓子作りが趣味のせるたんの登場ですよ。

クッキーはどんなに上手に焼けても
焼きたては柔らかくできあがるのよ!
だから柔らかくて正解っo('Д')っ

投稿: せる | 2006年3月17日 (金) 01:42

なるほど!
K様の才能がごにょごにょじゃなかったんですね!

流石セルさん
調理師範はヴァナ・ディールだけじゃないっすね('Д')

投稿: ひま | 2006年3月17日 (金) 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その間 5分。 | トップページ | うちな~ »