« マトメキレズ | トップページ | 19万も持っていないお茶の水 »

2006年3月23日 (木)

いらっしゃいませ 先輩v"

 
 
どうもこんにちは。

 

結局上手くまとめられず、

今回もクソ長い日記になってしまいました ひま  です

 

( 'Д')ノ 2日ぶりでス
 

 

 
 
突然ですがタイピングゲームにはまっています。
 
 

 

 
・・・はまっているというか先週の話なんで今はあんまりやってないんですけども。
 
 
友人がリンクを張ったんですが、 
 
ゴーストタイピングというやつで。
 
 
 
なんか登録されているゴーストデータと戦えるんです。
 
友人や知人のタイピングテクニックと一戦交えてみてはどうでしょうか。
 
 
 
記録を作る作業は割りと地味でアレなんですが、
 
知ってる人のデータと戦うのはなかなか熱いものがあります。
 
 
私は6KEY/Secくらいのスピードで測定されてるんですが、
 
私の友人なんかは7KYE/Secとか超えてますね ハイ すごいです。
 
 
どのくらいすごいかは一回やってみるとわかるかしら。
 
 
 
 
以前、タイピングオブザデッドという
 
タイピングでゾンビを倒すアホなゲームに嵌ってたんですが、
 
まぁそれに比べたら地味かなーという気もしますが、
 
まぁ息抜き程度には最適かもしれませんね。
 
 
 
某氏は会社でやってるそうですが・・・   同僚もひっくるめて。
 
真似しちゃいけませんね。 
 
 
 
 
 

 

 
 
それでは怪しげなタイトルの話。
 
 
以前の日記にもありますが、
 

すげぃ店に行ってきました。
 
つーことで今回はそのことをリポート。
 
 
 
 
 
いつものように会社が終わり、
 
本日は直接家に帰らず、
 
 
ゆらりゆられて池袋。
 
 
友人と池袋東口で待ち合わせです。
 
 
 
会社の近くの駅から電車で一本でいけたのでわりと楽ちんでした。
 
 
いざ到着して駅前に出てみると、
 
 
 
 
 
 
 
人多っ   ( Д)゜゜
 
 
 
 
 
 
やっぱり都会は怖いですねおっかさん。
 
どこを見ても人 人 人。
 
 
 
その日は水曜日で、
 
平日夕方だというのにも関わらず、人の海。舞の海。琴欧州。
 
 

 

 
 
で、
 
 
これだけ人が多いと、
 
同じ東口にいてもなかなか会えない、どこにいるかもわからない。
 
 
 
キョロキョロしてみるもなかなか見つからない。
 
 
 
 
 
そこで出番ですよと
 
 
文明の機器 ケータイ電話
 
 
 
あまり鳴らないケータイ電話
 
 
 
('A`)
 
 
 
 
 
で、
 
ぽけっとから出してみると、待ち合わせ中の友人からの着信が、
 
 
既に2件ほど。
 

 

 
 
 
こりゃいかんと思い掛け直そうとしたところ、
 
また着信。
 
 
 
ひま「もしもし」
 
 
友人「どこにいるー」
 
 
 
 

 
 
友人の声がケータイからでなく 自分のやや後方から聞こえる。
 
 
 
電話を切り  振り向き
 
 
電話越しに私に話しかける友人の肩を叩く。
 
 

 

 
ひま「もしもし」
 
 
友人「おー」
 
 
 

 
 
都会って不便。
 
 
 

 

 

 
 
さてさて、無事友人達と合流する
 
 
 
達とつくのは
 
 
お酒の神様と
 
イケメンと
 
ひまそうな私と   
 
 
あとなんだっけ 黄色いの。
 
 
 
全部で四人いたからで。
 
 
 
 
変な4人パーティーで
 
人ごみの中を抜けて抜けて10分弱。
 
   
 
怪しげな路地へ入っていく。
   
 

 

 
 
 
さて、
 
割とすぐにご到着。
 
 
目的のビルの前です。
 
 

 

 
行き先は4Fなんですけど、
 
その建物を見上げると、
 
 
なんか変な店がいっぱいあります・・・
 
 
おそろしいです。((('Д';)))
 
 

   

1Fゲーセン
 
2F吊り革拘束?????
 
3F女子高生キャバ
 
 
飛んで5F  出会い喫茶。
 
 
 

 

 
おそろしい建物です。
 
普段なら近寄りません。
 
   

 
特に2Fはレッドアラート全開です
 
ウーウーウー>(゚Д゚  ) 
 
 
 
 
 
吊り革ってなんだぁよ・・・  ~<('Д';)>~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おっかさん・・・ 息子は会社の帰りに如何わしい建物に入ろうとしていますよ('Д';)
 
 

 
 
 
 
 
で、
 
 
 
 
変な建物の普通のエレベーターに乗り、
 
 
 

吊り革と女子高生を無事通過

 
 
扉が開き
 
 
   
 
ようやくたどり着きました!! 
 
 
本日の目的地!!
 
 
 
王立アフィリア魔法学院!! 
 
'+,(・ω・)'+,
 
 
 
 
なんだよそこは!?王立かよ!!アフィリアかよ!!
 
 
魔法学院って何だよーー(∵)ーーー・・・!!!
 
 
 
 
   
とお思いの方は多いでしょう。
   
実際私もそうでしたーー(∵)ーーーァ・・・
 
 

 

 
 
如何わしいお店と思ってました
 
お店の方々ごめんなさい。('A`)
 

 
 

なんかすごそうな店名ですが、
 
別に私が魔法を習得しに行くわけではありません。
 
 
お店の女の子が隣に座って来たりはしません。 
 
キャバではないです。
 
 
 
冥土喫茶の延長というか、
 
 
「お酒の飲めるメイド喫茶」
 
 
という表現を友人が使っていたので、それを拝借したいと思います。
 
 
 
 

 
で、
 
店に入ると第一声。
 
 
「いらっしゃいませ 先輩~~~v"」
 
 
 
 
 
 
 
 
( Д)⌒ ゚ ゚   ポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
( Д)    ⌒ 。。  ボテ
 
 
 
 
 
 
 
 
( Д)        、、 。。 コロコロ 
 
 
 
   
 
 
 
   
 
∑( ;Д)           ';,';・,';;',,   ズブシャァ!!!!!
 
 
 
 
 
 
そりゃ目玉もスタングレネード。
 
 

先輩ですってよ先輩。
 
 

 
 
そしてやってくる声の主。
 
 
 
 
魔法学院の制服でしょうか、
 
可愛い服を着た店員さんがお出迎え。
 
 
 
 
・・・・ゴクリ('Д';;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
―さて、
 
「なんでそんなところに行ったんだいひまの人は?」
 
 
というお便りは一通も頂いておりませんが、ここでご説明。
 
 
 
 
 
先日、
 
友人2名とパスタを美味しく頂いているところ、
 
 
一人が不思議な磁気カードを取り出す。
 
不思議なロゴの。
 
 
 
裏を見ると
 
@@先輩
 
と書かれている!!
 
 
なんそれなんそれ!('Д' )
   
 
 
という感じで魔法学院のことを説明される。
 
 

 

 
友人「こんど一緒に行ってみない?」
 
ひま「えぇー  なんかこわいっすよ」('A`)
 
 
友人「怖いところじゃないよ」
 
 
 
ひま「女の子が隣に座ってきたり・・・」('A`;)
 
友人「そういうお店じゃないから・・」
 
 
 
 
 
私は、メイド喫茶にも行ったことがないので警戒しまくりでした。
 
 
 
で、
 
当日携帯にメールが。
 
 
 
友人「池袋行こうぜ!!('д')」
 
 
 
 
来てしまった お誘いメール。
 
行く先はもちろん魔法学院。
 
 
うわー どうしよう どうしよう。。都会は怖いしなぁ・・
 
 
とか、
 
迷った末、
 
 
 
 
 
よし!!

決定しました!
 
ブログのネタにもなりそうだし
 
ここは身体を張って頑張って行ってみるか!!
 
 
何事も経験ですよね!!(`・ω・´)
 
若いうちに金のあるうちに色々経験しておかないと! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コスプレも悪くないし!
   
あっ・・・('A`)
 
 
 
 
   
 
 
・・・・とまぁそんな経緯ですよと。
   
 
 
 
 
で、
 
話題は戻って店内へ。
 
 
 
 
 
 
 
中ではRPGなどにある大掛かりな施設でかかるような
 
荘厳な曲が。
 
 
インテリアも小物から壁紙まで細部に渡り凝っており、(このへんはHPにも載ってるかな)
 
まさにファンタジーRPGに迷い込んだようです。
   
 
 
 
   
 
スーツで!!(゚Д゚)
 
 
   
 

しかも私だけorz
 
 
 
 
   
 
いやぁもう失敗しましたよ。
 
池袋着いて友達に合流したら、
 
皆私服なんだもん!ぷんぷん!ムキョェアヾ(Д)ノ
 
 
 

 
でまぁ、
 
 
魔法学院の制服の娘に受け付けていただく。
 
 
 
初めてご来店の先輩は、
 
学生証(先程でてきた磁気カード)を作らなくてはいけないため、
 
後輩にあたる店員さんにお名前を尋ねられる。
 
 
 
   
 
むむう・・・。
 
友人達はやはりネットのハンドルネームで作成している。 
 
 
 
 

なので私も。
 
 
 
 
ひま「ひま先輩で!!」(゚Д゚)
 
店員「ひま・・・ 先輩ですね。」J('-`)L
 
 
 

 
 
ということで作ってもらいました!
 
 
 
どどーん。 
 
 
c_っ'д')っ  表
 
060323_14080001   
 
 

 

 

 

 

 

c⌒っ,д,)っ   裏 

 

060323_14080002
 
 
 
 
 
 
ハートつきですよ、と('A`*)
 
 
 
 
   

 
 
 
で、
 
席に案内され
 
 
恐る恐る席に着く。
 
 
 
 
   
   
魔法娘(?)が持ってきた 
 
メニューを見ると何やら不思議な項目が沢山。
 
 
 
一部公式より抜粋。
 
 
スターズクロック
星を時計代わりに使っていた古代アフィリアの時代、
基準星として定めていた夜空の中心星「ピケ」。
その美しいブルーはまさにこのお酒の色にそっくりなのです。
 
 
 
エインシェントビアー
古代アフィリアの時代から全く同じ製法で今に受け継がれている。
魔法発酵によって造られるアフィリアのビールは、芳醇なモルトの香りと、
ほどよい苦みが人気のメニュー。

 
 

・・・えっと、
 
 
 
これは飲み物です!!たぶん。
 
魔術の媒体ではないです!!たぶん(゚Д゚)
 
 
飲んで昇天したりしなかったのでたぶん大丈夫です。
 
 
 
ハッ
 
3回もたぶんを使ってしまった。

 
 
 
 
で、
 
まぁ食べ物のメニューもそうなんですけど、
 
説明を見ないと良くわかりませんよニガー!
 
中には説明を見てもわからないものもあったり('Д';)
 
 
でもそんなメニューの下部にはたいてい。
 
 
 
「現在は@@とも呼ばれる。」
 
 
 
 
って書いてあったりします。
 
 
流石アフィリア やっさしぃ~
 
 
 

 
 
・・・のか!?('A`) 

   

 
 



   
 
そんで、
 
とりあえず4人ともアルコールフリー(一時間)を頼む。
 
 
 
で、
 
とりあえず注文のお酒が着たので乾杯です!(相変わらず黄色いのはメロンソーダ)
 
 
かんぱーい!ヾ(Д)メ(Д)メ(Д)メ(Д)ノ
 
 
やはり仕事の後のお酒は良いものだ。
   
 
 
 
 
むむ、
 
お酒は予想外に美味い。('Д';)
 
 
失礼かもしれないが、こーいったカフェ的な店でのお酒は、
 
低クオリティを予想していたのだが、
 
こちらはしっかり店内にバーがあり、沢山のリキュールの瓶が並んでいた。
 
 
 
まぁなんていうか美味いのだ。
 
 
 
仕事後なのもあり酒が進む。
 
 
あっというまに一杯飲み干してしまう
 
 
 
 
と、
 
 
 
 
魔法娘「おかわりは如何ですか先輩?」
 
 
 
 
 
━━━━━━('Д'*)━━━━━━   

 
 
 
 
いやぁすごいよアフィリア いいよアフィリア。
 
もうおじさん大プッシュですよ!!
 
 
 
 
すみませんorz
 
 
 
 
で、
 
既に以前に来店したことのある友人がコーヒーを頼む。
 
 
 
しばらくして、
 
魔法娘「先輩はお砂糖とミルクはどういたしますか?」
 
 
 
友人「どっちも入れてください」
 
 
 
魔法娘「わかりました~」
 
 
 
 
で、
 
 
 
 
(*Д) ゚ ゚
 
 
 
 
   
 
 
なんと魔法娘が砂糖とミルクをコーヒーに入れ、
 
目の前でかき混ぜているのだ!

 
 
満足そうな友人と
 
驚きのあまりぽかーんとそれを見ている私。
 
 
 
魔法娘「お待たせいたしました」
 
 
 
かき混ぜたコーヒーを友人の前に。
 
 
 
なんてマニアックなサービスだ・・・
 
 

 
 
すごい すごすぎるよあんちゃん・・・・っ!!
 
 
 
シャッキーン!!  ヽ('Д' )ゞ
 
 
 
デンデンデデデン
 
 
 
( ゚Д゚)< 試しに オレも コーヒー頼むっ!!
 
             無糖 ブラック派には 意味が無い♪ >(゚Д゚ )
 
   
 
 
 
 
 
ペケポン orz
 
 
 
 
   
なんとなく虚しいので
 
結局ブラック派の私はコーヒーは頼みませんでした('A`)
 
 
 

 

だがしかし
 
コーヒーを目の前でかき混ぜて出してくれるなんて
 
都会すげぇぜ 魔法学院おそるべし。
 
 
 
ちなみにかき混ぜプレイ(?)で追加料金は無いようです('Д' )
 
 
 
 
 
 
楽しい時間は早いもので、
 
あっという間に1時間。
 
 
4人ですごいペースでお酒を飲むもんだから、
 
魔法娘の
 
「先輩、おかわりは如何ですか?」
 

 
何十回も聞いてしまいましたよ 嗚呼満足。
   
 
 
 
途中、
 
ケーキをものすごい勢いで食べる友人に冷ややかな視線をプレゼントしたり、
   
 
 
「エンシェントビールってぶっちゃけ何ビールですか?キリン?」
 
とか聞いてしまう友人におろおろしてみたり。
 
 
 
赤いお酒を見て、
 
「何か科学的な物を感じるんだが」
 
と言う友人に対して、
 
「ケミカルではない!マジカルだ!!」(゚Д゚)
 
 
 
などと私が言ったところ、
 
「ひまちゃんが一番馴染んでるじゃないか」('A`*)
 
 
などと言われたり('Д')ゞ
 
 
   
   
 
で、
 
そろそろお時間というところで、
 
 
友人の一人が
 
VIP席に座りたいと仰る。
   
 
 
VIP席は追加料金で豪華なソファーに座れるようで。
 
(待機してる魔法娘が近くの席の為、お話が沢山できるようだ)
 
 
   
 
 
それで、
 
近くの魔法娘にVIP席について尋ねてみる。
 
 
 
 
魔法娘「VIP席は3人までのお席なのです」
 
 
 
 
 
∑('A`;)
 
 
 
 
 
 
お店に来たのは私を含め全員で4人。
 
 
VIP席は3人まで・・・・
 
 
 
 

これじゃぁまるで、
 

 

 

 

 
 
ス@夫「悪いノビタ  このVIP席3人用なんだ」(゚Д゚)
 
状態じゃないか。。 
 
 
 
━━━━━━('Д';)━━━━━━   
 
 
 
 
で、
 
私は間髪入れず、
 
 
 
 
 
先程ケーキをがっつり食べていた友人の肩に手を掛け、
 
 

 

 

 
 
 
「カエレ」 '+,(・ω・)'+,
 
 
 
と満面の笑みで言ったのですが、
 
 
 
 
どうやらしゃれになってなかったらしく、どうしようかと緊急ミーティング。
 
 
 
 
言いだしっぺの友人が、
 
追加料金は奢るよなどと仰るもので、
 
あまり負担は掛けたくないので、
 

二人 二人に別れ、
 
結局私はお店を後にしました。
 
 
 
私の金銭感覚だと追加料金もしゃれになってないですから! 
 
 
 
そんでそんで、
   
しばし店の向かいの漫画屋で時間を潰し、
 
 
VIP席帰りの友人達と合流し、
 
その日は解散となりました。
 
 
 

VIP席はなんかとても恥ずかしいみたいで、

実際お客さんは
 

「これは羞恥プレイだ」

 

などと仰るそうです。

 

なんかいろいろマニアックですね、はい。
 
 

 

ふぅ

 
いやぁなんというかすごいところでした、
 
メイド喫茶にも行ったこと無いのに

いきなりハードル高いよママンとか思いましたが、
 
 
美味しいお酒も飲めて、何より楽しかったからいいかなーなんて。
 
 
 
 
 
そうそう、
 
お店に何回か行ったりすると、
 
単位というものが加算されていくらしく(このへんは学校っぽい)
 
 
単位を貯めていくと、
 
 
初期では
 
「先輩!」
 
と呼ばれるのですが、
 
 
ある程度すると
 
「ひま先輩!!」
   
 
などと名前をつけて呼ばれるらしいのだ・・・・!
 
 
 
   
ある友人は
 
「名前呼ばれるくらいまでは通ってもいいかな」
 
 
 
とか言うブルジョワっぷり。はまりっぷり。ぷっちんぷりん食べたい。
 
 
 
 
まぁ、
 
一回行くのもそれなりの値段なので私には無理ですよ無理ですねぇ。
 
 
 
まぁまたお誘いとお金があれば、
   
行ってみたいかなぁとか 思いました。
 
 
 
 
 
 
 
なんかコイン貰ったので
 
記念にお持ち帰りました('Д' )
   
 
 

060323_14080003

 

 
 
 

 

 

 

こちらも貯めるといいことあるみたいですが、
 
まぁ私はコインより貯金を貯めたいですよブラザー。

 

 

以上、アフィリアレポートでっしたっ

|

« マトメキレズ | トップページ | 19万も持っていないお茶の水 »

コメント

ktkr

投稿: Des | 2006年3月23日 (木) 15:28

よし行こう

投稿: じょ | 2006年3月23日 (木) 16:18

もれもれも

投稿: かなめ | 2006年3月23日 (木) 20:35

(Å)←コイン

投稿: でんじ | 2006年3月23日 (木) 20:50

今すぐ行こう

投稿: かえで | 2006年3月24日 (金) 04:16

俺もつれて毛

投稿: Des | 2006年3月24日 (金) 10:10

つまり、ひまちゃんは気に入ったということか

投稿: ピエロ | 2006年3月24日 (金) 11:22

卑猥。

投稿: 癌 | 2006年3月24日 (金) 12:00

>Desせんぱい
大変お待たせしました。
東京へ来られるようでしたら行ってみましょうか。
お酒も飲めますしね。


>じょせんぱい
いんじゃねいんじゃね('Д')


>かなめせんぱい
なかなか面白かったですよ。
女性のお客さんも結構居たので、安心かもしれないですね。


>でんじせんぱい

(゚Å゚)←私


>かえでせんぱい
今すぐ行こうって
午前 04時16分 って書いてあるんですけど( Д)゚゚

早く名前呼ばれちゃってくださいね、先輩


>ピエロせんぱい
そうですねどちらかといえば気に入った感じです。
女の子も可愛かったですよ。先輩も一緒にどうですかアフィリア。


>癌せんぱい
普段はもっと卑猥です

日記には書けません(///)

投稿: ひま | 2006年3月24日 (金) 12:52

俺も連れてって('A*`)

投稿: pengi | 2006年3月24日 (金) 14:46

これはアフィリア2戦目の予感ですか('Д')

投稿: ひま | 2006年3月25日 (土) 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マトメキレズ | トップページ | 19万も持っていないお茶の水 »